マディ ウォーターズ -ロックンロールの父-

マディ・ウォーターズの曲の中で、
「The Blues Had A Baby And They Named It Rock And Roll (#2)」
という曲があり、こんな一節があります。

ブルースは赤ん坊を生んだ。そして、その子をロックンロールと名付けた。

また、マディは1969年に白人の若手ミュージシャンを中心にして企画アルバムを発表しました。
タイトルは『ファーザーズ・アンド・サンズ』。

私がブルースを聴き始めの頃に本当によく聴いたアルバムですが、
まさにブルースとロックの関係について表した言葉だと思います。

マディ・ウォーターズ(本名:マッキンリー・モーガンフィールド)
を一言で説明するときに最も用いられるフレーズが、
『シカゴブルースの父』ですが、もう一つあると思うのです。

『ロックンロールの父』

個人的には、シカゴブルースがロックに最も影響を与えた
スタイルだと思っているのですが、そのシカゴブルースの父ならば、
ロックンロールの父でもあると思うのです。

本当に楽しそうに、嬉しそうに歌うミック。
ほほえましくもあります。憧れのオヤジと、
オヤジのナンバーを歌うんですから、わかります。

ブルースは力強く、男らしく

ブルースで歌われている題材は様々ですが、比喩的表現はよく使われますが、
概ね日常的かつ直接的な内容です。

恋愛に関する歌でも
「俺を捨てないでくれ」とか「おまえをヤリたい」とか、そんな感じです。

ただ、そこでのキャラクターは結構女々しかったりする場合もあるのですが、
マディはひたすら強くて男らしい、女々しさなど無縁のキャラクターです。

実際も、シカゴブルース界のリーダーらしく、
そして、そのキャラクターで自らのバンドを引っ張ってました。

彼の代表的なアルバムであり、色んなブルースのタイプがあれど、
最も重要なアルバムと言える『ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ』というアルバムがあります。

その中に『I Just Want To Make Love To You』という曲があります。

オレはおまえに奴隷になんてなってほしくない
オレはおまえに毎日働いてほしくない
オレはおまえに誠実になんてなってほしくない
オレはおまえとヤリたいだけなんだ

究極的な男らしさだと思いませんか?

『ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ』のジャケットでも、
『マディ・ウォーターズ・アット・ニューポート』のジャケットでもそうですが、
マディは、どこか遠くを見つめているような写真です。

私には、どこか威厳のある、男くさい父親のように見えます。

もしかしたら、その視線の先は後に自分の「子供」となる
ロックの未来を見据えているのかもしれません。

マディのスライドギターはワン・アンド・オンリー

マディはギタリストとしても名が知れています。
トレードマークのテレキャスターで、攻撃的なスライドギターを聴かせてくれます。

悪く言えばワンパターンだし、フレーズの数も乏しいものです。
もっとも、こんな言い方は無粋なのですが(苦笑)。

ギタリストとしての彼のフォロワーがいないのは、上記の理由と、
あまりにも個性的だからなのではないかと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ