スティッキー・フィンガーズ/ローリング・ストーンズ レビュー

スティッキーフィンガーズ アルバムジャケット
1971年発売

全米最高位1位
全英最高位1位

自分たちのレーベル、「ローリング・ストーンズ・レコード」からの最初のアルバムであり、ミック・テイラーがフルで参加した最初のアルバム。

数曲は69年にソウル・ミュージックの故郷、アラバマのマッスルショールズで録音されており、残りは70年にロンドンのオリンピック・スタジオで録られている。71年4月23日リリース。

ジャケットはあのアンディ・ウォーホルのデザインで、本物のジッパー付きジャケットが当時は話題になった。

収録曲

  1. ブラウン・シュガー – Brown Sugar 3:50
  2. スウェイ – Sway 3:51
  3. ワイルド・ホース – Wild Horses 5:42
  4. キャン・ユー・ヒア・ミー・ノッキング – Can’t You Hear Me Knocking 7:15
  5. ユー・ガッタ・ムーブ – You Gotta Move 2:32
  6. ビッチ – Bitch 3:36
  7. アイ・ガット・ザ・ブルース – I Got The Blues 3:53
  8. シスター・モーフィン – Sister Morphine 5:31
  9. デッド・フラワーズ – Dead Flowers 4:03
  10. ムーンライト・マイル – Moonlight Mile 5:56

雑感

説明不要な程有名な、①のギターリフから始まるこのアルバム。

まさに、ストーンズの新しい時代が始まるという幕開け的なオープニングです。

全体的な印象は、前作の「Let It Bleed」の継続的なものですが、
全体に漂っていた緊張感はだいぶ薄れ、より幅広くブラックミュージックを取り入れている感じ。
サザン・ソウルばりのドタドタしたリズムが印象的です。

それにしても、何なんでしょう、この貫禄は。

④のニューオリンズ的なノリ、
⑤のブルース解釈の深み極まるセンス、
③、⑨のカントリー&ウェスタンの完成度。

「ベガーズ・バンケット」でつかんだ、
彼らのルーツ・ミュージックに対する付き合い方を進化させています。

個人的に、このアルバムで最も好きなナンバーは、③です。

ストーンズ・ファンが最も好むバラードだと言われているこの曲は、
69年のマッスルショールズのセッションで録音されたナンバーですが、
69年のツアーでのキースの心境を綴った歌だとも言われています。

「たとえ野生の馬に引きずりまわされようが、おれの気持ちは変わらない」

英国人がよく使う言い回しだそうですが、
当時生まれたキースの第一子を妻(アニタ・パレンバーグ)にまかせながらツアーには出たくないという気持ちを、ミックが非常に感動的なボーカルで聴かせてくれます。

昔、ミックテイラーとキースが二人だけで録った、
歌なしのテイク(多分、お遊び的なヤツ)を聞いたことがありますが、
それはもう、素晴らしい出来でした。

ミックテイラーの才能がよくわかるテイクでしたね、
余談でした。

ちなみにこのアルバムは、ドラッグに関する曲が多く、
①はヘロインのスラングで、⑨もヘロインのことを歌った曲とも言われています。

そして、⑧はそのままモルヒネのこと。
おかげで、スペイン盤はこの曲の代わりに「Let It Rock」が収録されています。

ストーンズが一番ストーンズらしかった70年代の幕開けのアルバムであり、
「60年代末の例の2枚」にも勝るとも劣らない評価を得ているアルバムです。

①のようなキャッチーな曲も収録されているので、
初心者の方が最初に聴くアルバムとしてもいいかもしれません。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ